経済設計と競争見積によるコストダウンでローコスト(省コスト)な一戸建て注文住宅の建築をサポート。欠陥住宅の心配ゼロへ!広島限定サービス

住宅CMサービス広島
無料Eメールセミナー
「失敗しない家づくりのための5つのポイント」
お名前:
E-mail:

長年、住宅業界で活動してきた 中小企業診断士、若本修治が5回にわたり、メールでミニセミナーをお届けします。
詳しくは>>

着工前ならまだ間に合う!
小冊子私たちの家だけは欠陥住宅にしたくないという方への処方箋!!
7つの自己防衛策をまとめました。
小冊子(PDF版)はこちらから>>

お知らせバックナンバー
家づくりを始める人へ
つとむ君家のマイホーム大作戦
CMサービスとは?
サポートの流れ
ちょっと贅沢?なサービスとは
私たちが決めた理由
7つの疑問へのお返事
よくある質問
施工事例紹介
メルマガ
お役立ち家づくりコラム
メディア掲載情報
コンシェルジェの横顔
お問合せ・資料請求 住宅CMサービス滋賀 住宅CMサービス京都 住宅CMサービス堺・和泉 ▼現場ブログ発信中!
住まいづくりコンシェルジェ出動!現場ブログ発信中!

つとむ君家のマイホーム大作戦

今日は日曜日!僕は今、新しいお家の中で遊んでいるよ。 外にはお庭があって、妹が友達と砂遊びをしています。 その横の駐車場で、パパが車を綺麗に洗っているんだ。 ママはって?ママは今、お昼ご飯を作っています。 いい匂いがしてきていて・・・何のご飯かな〜?楽しみ!

この新しいお家、僕はすごく大好きです。 走り回ってもても怒られないし、公園が近くにあるし、お庭でバーベキューが出来るんだ! 妹はね、友達をいっぱい連れてくるようになったんだよ。 そうして、毎日楽しそうにお料理や掃除をするママ。 会社からちょっと早く帰ってきてくれるようになったパパ。 このお家に来て、みんなが毎日嬉しそうなんだ。

でも、このお家が出来るまで、実はパパとママすごくご機嫌斜めな時もあったんだ。 パパとママが僕と妹に「お家、見に行こうか?」と初めて言ったのが、去年の4月。 ぼくたちの家づくりが始まったんだ!

※こちらの物語はフィクションであり、使用されている画像もイメージです。


4月3日
パパとママと妹と“住宅展示場”というところに行きました。
そこにはお家がいっぱい並んでいました。どれも大きなお家でビックリでした。
中に入ると、いっぱい人がいて、またまたびっくりしました。
住宅展示場の写真1時になると仮面ライダーショーが始まり、僕は大喜びでした。
3時からはプリキュアのショーがあるので、その間、またお家を見ました。
でも、だんだんつまらなくなってきたんだ。
このお家を売っているのかな?と思いました。
4月6日
昨日の夜、僕のアパートに、この前の住宅展示場のモデルハウスにいたお兄さんがやってきました。
ケーキを持ってきてくれました。パパはまだいなかったので、ママと少しお話しました。
お母さんは「困ります。」と言っていたけど、僕は「嬉しいのに・・」と思いました。
パパとママの話によると、お兄さんは“ハウスメーカーの人”らしい。
4月12日
アパート近くの公園での会話僕が住んでいるアパートは4つ同じのが並んでいます。そこにはお友達もたくさんいます。
一緒の幼稚園に行っている子が他に5人います。
お母さんたちは、最近「お家」のことばかり話しています。
その中の一人、たける君家は来週お引越しなんだよ。“ハウスメーカー”で建てたんだって。
あきら君家は“ローコスト住宅”を建てているんだって。
そうして、さきちゃん家は“建築家”っていう人にお願いしたんだって。
うーーん。僕、お家は大工さんが建てるんだって思ってたんだけど、違うのかな〜?
4月15日
あれから、ハウスメーカーの人がたくさんお家まで来たよ。
そうして、もう1回ハウジングセンターにも行ったんだ。
たける君家も見せてもらったよ。すごく大きくて、綺麗だった。
なんでもたける君のお家は“有名なハウスメーカー”だからお金が高いんだって。
“有名”って高いってことなのかな?
今日分かったことは、ハウスメーカーの人は“お家を売る人”らしい。
そうか!お店屋さんにいる人と一緒だね。
で、パパとママはどこで建てようか?って、今、迷っているみたい。
だから3つのハウスメーカーの人に“見積”を出してくださいってお願いしたんだ。
お家って高いんだよね。いつも、パパとママが言っているもん。
4月21日
あれから、3人のお兄さんが見積を持ってきてくれたよ。
それを見ながら、パパとママ。ため息ばかりだったんだ。
「高いね〜」「分からないね・・・」って言ってるよ。
「同じ間取りなのに、どうして300万円も違うのかな?」とか・・・
そこで、ローコスト住宅を建てているお友達、あきら君のお家を建てているところを、
今度の日曜日、見せてもらいに行くことになったんだ。
楽しみだな!
4月24日

工事中風景今日はお家を建てているところに行ったよ。あきら君も来てくれて、一緒に遊んだんだ。 もうすぐ出来上がるんだって!
パパとママは、あきら君のパパとママとたくさんお話していたよ。 二人のおじさんがお仕事していたよ。大工さんかな?

でも、あきら君のパパ、2階から降りてきて、ちょっと怒ってたんだ。携帯で「困るよ!営業マンには伝えたぞ!すぐに見に来てくれ」と“現場監督”という人に電話していたよ。
ちょっと怖かったな。
“営業マン”っていう人と“現場監督”っていう人がいるんだな。
お家に帰ってきて、パパとママはまたお話。
「ローコスト住宅って安いけど不安だな。ハウスメーカーじゃない家って出来ないのかな?」とパパ。
“ローコスト住宅”っていうのは、“安い”お家のことらしい。
高いお家と安いお家、僕には一緒に見えたけどな。

4月26日
また、ハウスメーカーの人が来たよ。“営業マン”って言うらしい。
なんでも“契約”をして欲しいんだって。お兄さんの“上司”って言う人も来て、
パパとママは困った顔をしていたんだ。
“契約”ってそのハウスメーカーで家を建てる約束らしい。
でも、パパとママ、「まだ、迷っていて、契約までは・・・」って言ったら
「今月中にご契約いただいたら、このように“値引き”させていただきます」って言ってた。
“値引き”ってなんだろう?そんなにいいものなのかな?お菓子のおまけみたいなものかな?
そのハウスメーカーの人たちが帰る前に、僕、寝てしまったんだ。どうなったんだろう?
4月28日
今日はさきちゃんのお家に行ったんだ。
お父さんに頼まれて、お母さんが“建築家”って言う人のことを聞いていたよ。
建築家っていうのはお家を“設計”する人らしい。
さきちゃんのママの話によると、「すごく素敵なデザインのお家を設計する人」らしい。
“デザイン”ってなんだろう?さきちゃんのパパがすごく好きなものみたい。
ママはいろいろ聞いていたけど、“設計料”というお金がいるらしいこと、
お家のお金は“設計”が終わって、”見積”をしないと、はっきり分からないということらしい。
「家が出来たら、今よりもっと節約しないと行けなくなりそうだわ」ってさきちゃんのママ。
帰ってきたパパに「あそこまで、デザインにこだわる必要も無いよね。暮らしやすい家が一番よ。それに、経済的負担が増えるのも嫌ね。普通に遊びたいわよね。」と話していたよ。パパも「うん」と言ってた。
“暮らしやすい家”は僕にもなんとなく分かるよ。きっと、気持ちがいい家だよね!
“経済的負担”は分からないや・・・でも、僕も遊ぶのは大好きだよ!ママ!
5月8日
お休みにはおじいちゃんのお家にいったよ。お父さんのお父さんのお家だよ。
そこでもお家のお話していたよ。
「家を建てるのか!本当は大工で建てろって言いたいところじゃが。。。。俺が建てた頃は、近くの大工が毎日きて、仕事をしてくれたもんだ。見ながら作っていくんで、図面なんてなくても、相談して決めていったな。それに、建ててからもここが変だって言えば、すぐに飛んできてくれてな〜。酒を飲んで帰っていったよ。じゃが、今は近くの大工っていうのもいねえし、大工って言ってもいろいろらしいしな〜。家自体の考え方も変わってきているようじゃし。しっかり、調べてから建てろよ。テレビとかでやっとる欠陥住宅も怖いしな。」とおじいちゃん。
僕は、近くの遊園地に連れて行ってもらって、すごく楽しかったよ!
そう、おじいちゃん家の近くの“住宅展示場”にも行ったんだよ。
「全然違うところの展示場でも、並んでいるメーカーはほとんど一緒だな〜!」とお父さん。
5月11日
あれから、パパとママはお家のことについて、パソコンでいろいろ調べ始めたんだ。
“インターネット”っていうものの中に、いろいろな“ホームページ”があるんだって。
毎晩、パパが帰ってくると、パソコンを一緒に見ながらお話しているよ。
「これだけいろいろあったら、迷ってしまうな〜!」とパパ。
「チラシやテレビ宣伝をしていないところでも、本当にいろいろな会社があるのね〜!」とママ。
「建てた人のホームページは読んでいて、すごく参考になるわね〜!
私たちと一緒みたいね!みんな、迷って、考えて建てるのね。」とママ。
「ほんと、そうだな!誰か相談相手でもいるといいのにな〜!」とパパ。
5月24日
あれからも、ハウスメーカーの人は何度かやってきたよ。
パパとママはって?今度、ハウスメーカーの人でもない、建築家でもない、大工さんでもない人に会いに行くことになったらしい。当然、僕も妹も一緒に行くんだよ!どんなところだろう?
ある日、パパが夜インターネットで見つけたんだって。
そうして、その人の“メールセミナー”って言うのに申し込んだんだって。
“メール”ってパソコンの中に届くお手紙らしい。ママは携帯電話でもしてるよ。
「昨日のメールセミナーを見たら、俺、一度若本さんに会ってみたいと思ったんだけど、お前はどう?」ってパパが聞いていたよ。
「そうね〜、すごくまじめな人っていうのは分かるわね。ブログを読んでも好感が持てるし・・・」
「だろ、でも、今流行の建築プロデュースでもないらしいし、どんなシステムなのか興味があるよ!新しいシステムで、今までに無い“相見積”っていうのが良さそうだな!そうだ、まずメールを送ってみるか?」
5月25日
「おい、もう返事が来てるぞ!」とパパ。パソコンを覗き込むママ。
「へーー、15万ちょっとかー。建築家の設計料を考えるとかなり安いな〜!で、相見積っていうのも、俺たちが考えていたメリット以上に良さそうだな。俺が欲しいと思っていた相談相手かも知れないぞ!メールセミナーを終わりまで、しっかり読んでみよう!」とパパ。
6月10日
今日は“若本さん”に会いに行ったよ。
展示場みたいなところかと思ったら、何にも無い“事務所”だったよ。
パパとママはいろいろ話していたよ。僕たちは隣の机で、絵を書いたり、パズルをしたり、お菓子を食べたりして待っていたよ。
途中、走り回ってちょっとパパに怒られたけどね。
「へーーー、そうなんですか!」っていうパパとママの声が何度か聞こえたよ。
帰ってからも「俺たちが全然知らない世界なんだな〜!」とパパ。
「そうね、そりゃ、失敗する人も多くいるはずよね!考えると怖いわね!いろいろなことを知らずに家を建てるって・・・」とママ。
「それにあのハウスメーカーの見積より、コストが下がった話はびっくりだったな!」と嬉しそうなパパ。
6月20日
あれからパパとママは、若本さんとの“メール”を何度もしているらしい。
昨日はおじいちゃんとおばあさんが「お家のこと、どう?」って電話があったんだ。
「住宅CMサービスっていうのがあって、その若本さんにお願いしようと思ってるんだ!」とパパ。
そうして、ハウスメーカーでもない、建築家でもない、大工でもない若本さんのことを、おじいちゃんに色々説明していたよ。
でも、なかなかわかってもらえないらしくって、
「だから!家づくりが終わるまで、施工中もちゃんとサポートしてくれる人だよ!うーーん、秘書でもないし、スポーツマンのコーチでもないし、芸能人のマネージャーでもないし、、、そう、若本さんはホテルのコンシェルジェみたいなって言ってるけど、親父には分からんかな〜!要するに俺たち素人にとっては“安心”ってことなんだよ。」とパパ。
「そうね、あの話しのように良くしてもらえるなんて、本当かしら?って感じね。高級ホテルに泊まっているセレブの気分になれるかしら!」とママ。
“セレブ”ってなんだろう?
6月26日
この日、若本さんにちゃんとお願いしに行ったよ。
“契約”だよ。また若本さんの事務所に言ったんだ。今度もまた騒いで怒られたけど、パパとママはすごくご機嫌だったよ。終わってからも、
「なんだか、すごく安心できる感じね〜!」とニコニコのママ。
「そうだな、あれだけメールできちんと返事をくれると、いろいろ分かるしな!」
「でも、そういえば。。。若本さん、予算を聞かなかったわよ!」
「おーーーー、ほんとだ、なんでだろう?また、帰ってメールしてみるか!」とパパ。
その帰りにレストランに行ったんだ!楽しかったよ〜!

打合せ風景この後、お家が出来るまで、何度も若本さんと会ったよ。“現場”でも会ったよ。最初はちょっと怖いと思ったけど、だんだん楽しいおじさんになっていったよ!若本さんにも僕たちみたいな子供がいるんだって!

だから、誰にでも必要な“お家”に、大切なお金を必要以上に使って“経済的負担”をかけるような家づくりは、許せないって思っているんだって。優しい人だな〜!

大工さんだから、いろいろ“勉強”してるんだって!僕もお家作る人になろうかな〜!って思ったよ。だって、僕のお家を作ってくれた大工さんも面白い人だったよ!“大工さん”じゃなくても、お家を作るお仕事っていいな!

パパとママもニコニコになって、今、とっても楽しいよ!もっと、多くの人にこんな家づくりを知って欲しいな♪


パパとママがメールでした相見積に対する質問へのお返事はこちらからどうぞ
ママが好きそうな“セレブ”のようにちょっと贅沢なサービス内容はこちらから
パパが感動した“若本さんの気持ち”はこちらから
他のお家の人の感想はこちらから

このページの先頭へ▲
ダブルスネットワーク株式会社
〒730-0802 広島市中区本川町2-5-17 ウィニーズ本川町 703号室
TEL:082-297-5026 FAX:082-297-5027